日本国内では、10年以上乗って、走行距離も10万kmを超えたような車の価値は一気に下がってしまいます。

そういった条件の車で、中古車市場で人気のない車種となると廃車にする以外にないと考えるのがこれまでの常識でした。

しかし最近では、そういった条件の車であっても高く買取りをしてもらえるケースが増えてきたのです。

その理由は、中東や東南アジアなどでの、日本車人気にあります。

日本車は技術水準が高いために、他の国の車にくらべて非常に故障をしにくいという特徴があります。

日本国内では、10万km以上走った車の価値が下がってしまう傾向にありますが、品質の高い日本車がその程度の走行距離で走れなくなるということはまずあり得ません。

ちなみに、タクシーなどは1年で10万km程度走るそうです。

5年ほど使って廃車にすることが多いようなので、トータルで50万km走ることになります。

つまり、日本車が50万km程度は問題なく走ることが出来るということを、タクシーが証明してくれていることになるわけです。

それだけの耐久性のある日本車であるにもかかわらず、10万kmを超えた程度で廃車にしてしまうなんて本当にもったいないことです。

外国では、20万kmや30万kmを走行した車が普通に走っています。

そういった国々においては、走行距離が10万km程度の日本車は、非常に程度のいい中古車ということになるのです。

このような海外への輸出ルートが確立されてきたおかげで、かつては廃車にされていたような車が海外でどんどん活躍することが出来るようになったのです。

海外に行くと、日本で使われていたときの会社の名前などが残ったままの中古トラックが、たくさん走っています。

これは、塗装をやり直すためのコストを節約するという意味もありますが、実はボディに日本語で書かれた文字をそのまま残しておいた方が高く売れるのだそうです。

彼らにとっては、品質の高い日本車はあこがれのクルマでもあります。

日本車であるということが一目で分かるように、日本語で書かれた文字がそのまま残されている車が人気となるわけです。

もしあなたの乗っている車が10万kmをはるかに超えていたとしても、選択肢が廃車しかないなどとあきらめる必要はまったくありません。

海外への輸出ルートを持つ買取り店に持ち込めば、思った以上の金額で買取りをしてもらうことが出来るかも知れませんので、まずは査定をしてもらうことをお勧めします。

なんらかの事情があって、ある日突然に自分がいま乗っている車を売却する必要が出て来るかも知れません。

たとえば、地方で働いていたサラリーマンが都会に転勤になり、車が必要なくなった場合です。

交通網が発達した都会で生活をする分には、車がなくても不自由を感じることはありませんし、むしろ高額な駐車場などの維持費が大変になります。

そんなとき、まっ先に頭に浮かぶのが車を売却してしまうということです。

しかし、もしその車にローンが残っている場合には、どうすればいいのでしょうか?

車をローンで購入すると、名義は自分ではなく販売店か信販会社になっているのが普通です。

その状態のまま売却をしてしまうと、法的には横領罪ということになってしまいます。

それではローンを支払っている途中の車を売却することは出来ないのでしょうか?

実際にはそんなことはなく、多くの買取り専門店ではローンを支払い中のクルマでも買取りをしてくれます

なぜそういったことが可能なのかといいますと、ローンの残額を買取り店が一括で返済をして、名義を変更してしまうからです。

そうすることで、車は販売店や信販会社の名義ではなくなりますので、法律に触れることなく堂々と売買ができることになります。

そうして、買取り店は車の査定額からローンの残額を支払った残りの分を、売り主に支払いをするわけです。

たとえば、車の査定額が100万円だったとして、ローンが40万円残っていたとします。

買取り店は、信販会社にローンの残額40万円を一括で支払い、残りの60万円を売り主に買取り代金として支払うわけです。

それでは、買取り価格よりもローンの残額多かった場合にはどうなるのでしょうか?

その場合には、逆に不足分を売り主が支払わなければならなくなります。

たとえば、査定額が100万円でローンの残りが120万円だとすると、差額の20万円を売り主が支払わなければならなくなります。

ですから、ローンを支払っている途中の車を売却するときには、ローンを清算したあとにプラスになるのかマイナスになるのかをしっかりと確認したうえで、どうすべきかを判断するようにしましょう。

車を売るときに、車検がほとんど残っていないことを気にする人がいます。

しかし、車の査定において車検が残っているかいないかというのはそれほど影響がありません

車検が切れてしまったので新たに車検を取りなおしてから売却をした方がいいと考える人もいるかも知れませんが、まったく意味がありません。

まったく意味がないどころか、逆に損をしてしまうことになります。

なぜならば、車検を新たに取得してから査定を受けたとしても、車検の取得費用以上に査定額が上がることはまずないからです。

もし、車検を取得したばかりの車を店頭にならべてすぐに売れてしまうのであれば、車検がまるまる2年残っているというのは大きな魅力かも知れません。

しかし、買取りをした車を店頭にならべても、実際に売れるまでにはそれなりの時間を要することになります。

たとえば、店頭にならべて半年後に売れたとすると、その時点で車検は1年半しか残っていないことになるのです。

もし、その車が不人気車で1年近く在庫になってしまった場合、残りの車検期間は1年です。

このように、車を在庫として置いておく期間のロスを考慮しなければならないために、車検がたっぷりと残っていたとしてもその車の評価は思ったほど高くならないのです。

逆に、車検切れの状態で買い入れた車であれば、たとえ半年や1年在庫になったとしても、売れた時点で新たに車検を取得するようにすれば、まるまる2年の車検がついた状態で販売することが出来るのです。

中古車を購入するお客にしても、中途半端に1年とか半年の車検が残っている車よりも、購入した時点でまるまる車検が2年残っている車の方がいいと感じるに違いありません。

多くの人は、新車を購入してから3年後や5年後といった、車検の切れるタイミングで車の売却を考えます。

そういった意味では、中古車市場に流れている車の車検が切れているのはごくあたり前のことであり、車を売るときにそのことを気にする必要はまったくないということがいえます。

車検が切れるギリギリまで乗った後に車を手放すのが、むしろ賢い売却方法といえるでしょう。

新車登録から10年以上経過して、走行距離も10万kmをはるかに超えてしまった車を、買取り専門店で査定を受けてみると「0円」の提示をされてしまうことがあります。

要するに、中古車として市場にニーズのないクルマだから廃車にするしかありません、という意味になります。

そういった評価になることがうすうす分かってはいても、実際に「0円」の評価額を提示されるとがっかりすることでしょう。

しかし、そういった車を下取り車としてディーラーに持ち込むと「5万円」の提示をしてくれることがあります。

実は、買取り店が引き取れないような条件の車であっても、ディーラーならしっかりと査定額を提示してくれることが多いのです。

それはいったいなぜでしょうか?

そもそもディーラーの仕事は中古車の買取りがメインではありません。

あくまでも新車を売ることが、ディーラーの本来の仕事なわけです。

つまり、中古車買取り専門店で値段のつかなかった車を、自分の店なら「5万円」で下取りをしますと提案することで、お客様に新車を購入してもらう流れを作るわけです。

お客にしてみれば、もともと車を買い替えるつもりで中古車買取り専門店に車を持ち込んだわけですから、いずれ新車を買う予定になっていたはずです。

そこで、廃車にするレベルの車にあえて「5万円」の提示をすることで、お客にお得感を抱かせるわけです。

つまり、5万円という金額は、お客を囲い込むための必要経費ということになります。

そのようなことをしていたら、ディーラーは下取りをした車で利益を出すことができなくて赤字になってしまうと思われるでしょうが、実は全く問題ないのです。

ディーラーは下取り車で利益を出すことができなくても、新車の販売で利益を出すことが可能です。

そのため、[0円]の価値しかない車を「5万円」で引き取ったとしても、その分を新車の値引き額でちゃっかり調整してしまったりするのです。

たとえば、本来なら新車の値引きが15万円まで可能だった場合、下取り車に5万円の金額を提示するかわりに新車の値引き額を10万円とするわけです。

こうすることで、ディーラーはまったく損をすることなく、新車を買う予定のお客を囲い込むことが出来るというわけです。

自分が乗っている車を売ろうと思ったときに、どこに売却したらいいのか迷う人もいることでしょう。

ここでは、車の売却先のそれぞれの特徴について解説してみたいと思います。

中古車の売却先は、大きく分けるとメーカー系のディーラー、中古車販売店、買取専門業者の3種類になります。

乗り換える車が新車であれば、自分が購入する予定のディーラーで下取りをしてもらうというのが一般的かも知れません。

下取りの場合は、1つの店で手続きが済んでしまうということと、そのまま売却代金を新車の購入代金にあてることが出来るというメリットがあります。

ただ、ディーラーの場合は、新車の値引き額で下取り車の査定額を調整することも多いので、実際の査定額が分かりにくいという傾向があります。

他の買取り店などからも査定をしてもらっていると分かった途端に、下取り金額をあげてくることもありますが、その分値引き額を減らされてしまったのでは、結果的に同じことになってしまいます。

一般にディーラーでの下取り額よりも、買取り店の方が高額査定であるとよく言われますが、最近ではディーラーも結構がんばっているので、必ずしもディーラーの査定額の方が低いとは限りません。

中古車販売店もディーラーと同じように、下取りの形で車を買取りして、新たに購入する中古車の代金に充当することができます。

もちろん、その店で新たに中古車を買う予定がなくても、買取りだけをしてもらうことも可能です。

大手の中古車販売店の場合は、全国のネットワークを生かして、買い取った車をオークションに流さずに自社で販売するということも可能ですので、中間マージンがかからない分、高額査定になることも少なくなりません。

また、買取店の場合には、ディーラーにくらべてカスタムパーツなどを高く評価してくれる傾向にあるようです。

参照:http://kuruma01.sblo.jp/article/174889861.html

3つめの買取専門業者ですが、こちらも大手になると買取りをした車をさまざまな流通経路に乗せることができます。

日本国内では廃車にするしかないような年式が古かったり過走行のクルマであっても、海外などへの流通ルートがあるために、しっかりと査定額を提示してくれることもあります。

また買取り専門で、自社で中古車の販売をしていないようなところは、基本的には買い取った車を薄利でどんどんオークションに流してしまうので、在庫リスクがありません。

そのため、オークションですぐに落札されそうな人気車種であれば、意外なほどの高値で買取りしてくれることもあるようです。

このように、3つの車の売却先にはそれぞれメリットとデメリットがありますので、自分に合った売却先を見つけて査定をしてもらうといいでしょう。

ベンツやBMWといった外車は、新車のときには非常に値段が高く、なかなか庶民には手が出ないイメージがあります。

しかし、そんな高価な外車も、いざ手放すときになると意外に査定額が低くてびっくりする人も少なくないようです。

外車の場合は、国産車にくらべてリセールバリューが低くなってしまうという特徴があるのです。

それはいったいなぜでしょうか?

まず一番目の理由として、外車は国産車ほど市場におけるニーズがないということがあげられます。

買取り店に売却された車は、その後オートオークションに出品されて市場に流通させることになるわけですが、ニーズのない車というのはあまり金額が競り上がりません。

うっかり高く落札してしまって、その車が売れ残ってしまったら販売業者は大きな損失を出してしまうからです。

オークションであまり競りあがることがないと分かっている外車を、高値で買う業者はいません。

その結果、外車の査定額は低くなりがちになるわけです。

また、外車が高く売れないもう一つの理由として、耐久性の問題があります。

私たちは、滅多に壊れることのない日本車に慣れてしまっていて何とも思っていませんが、実は日本車の耐久性能は世界トップレベルなのです。

それにくらべると、外車はよく故障します

壊れない車があたり前だと思っている日本人にとって、壊れる可能性のある中古の外車にはなかなか手を出しにくいという心理的な抵抗があるわけです。

また、中古車の販売店にとっても、アフターメンテナンスの問題から積極的に外車を売りたくないという本音があるのです。

国産車であれば、万が一故障をした場合でもパーツは簡単に手に入りますが、外車の場合はパーツを入手するルートが限られていることが多いのです。

また、普段から慣れ親しんだ国産車と違って、外車のメンテナンスに自信のない整備士も多いのです。

このように、外車はもともとあまりニーズがないことに加えて、販売店が積極的に売ろうと思わないために、中古車の相場が大きく下がってしまうことになるのです。

もし、あなたが外車に乗っていて、それを売却しようと思ったら、一般の買取り店ではなく外車専門の買取り店に持ち込んだ方が高額査定が期待できます。

外車専門の買取り店であれば、オークションを通さずに独自のルートを持っていることも多いですし、外車の販売や整備が得意な外車専門の販売店であれば、もともと外車を求めてくるお客ばかりが来店するので、一般の買取り店にくらべると格段に売れやすくなるわけです。

車の売却する方法は、ディーラーに下取りに出したり、買取専門店に持ち込む方法だけではありません。

そういったお店を経由せずに、知人などに個人売買をしたりヤフオクなどに出品したりして売却する方法もあるのです。

車をヤフオクで売るなどというとびっくりする人がいるかも知れませんが、実際に想像以上に多くの車がヤフオクに出品されています。

個人売買やオークションの一番のメリットは、車の売値を自分で価格を決められるということでしょう。

もし、自分の車が希少価値の高い車だったり、人気の車種だったりすれば、業者に売るよりも高く売れることがあります。

特に個人売買の場合は、中間マージンが発生しませんから、売り手も買い手もお互いが得をする可能性が高くなります。

「なんとしてもこの価格で売りたい!」という思いなら、ヤフオクに出品をして買い手が見つかるまで気長に待つというのも悪くないでしょう。

ヤフオクの場合は、事故車や不具合のある車であっても、それをしっかりと明記することで十分に売れる可能性があるというのも大きな特徴です。

その反面、ヤフオクのデメリットとして、需要がないとなかなか買い手がつかないという可能性もあるわけです。

ですから、どうしても今すぐ車を売りたいという場合には向かない方法といえるでしょう。

また、知人に個人売買で売るにしてもヤフオクで売るにしての、基本的には車に関しては素人どうしの取引になるわけです。

中間マージンが発生せずにお互いが得をする可能性が高いかわりに、トラブルが発生するリスクも高くなります。

よくあるトラブルとしては、車を売却したはずなのに、その車の税金の請求書がというものがあります。

買い手が名義変更をしていないと、こういったことが起こります。

業者を経由したときには、そういった名義変更などの手続きもすべて業者が代行して行ってくれますが、個人売買の場合にはすべて自分たちでやらなければならないので、そういったミスは十分に起こり得ることになります。

また、業者を経由して売却した場合にはそれなりのメンテナンスをした上で次のオーナーに手渡すのが一般的ですが、個人売買の場合にはあくまでも現状渡しとなります。

そのため、売却直後に車の調子が悪くなったりすると、トラブルに発展することもあります。

このように、車の個人売買には金銭的なメリットがある反面、さまざまなデメリットもあるということがお分かりいただけるかと思います。

事故や故障などで車が動かなくなると、選択肢として廃車しかないと決めつけてしまう方が多いようです。

確かに、動かない車を家に置いておいても邪魔なだけですし、かといってそれを修理するとなるとかなりの出費を覚悟しなければなりませんので、廃車もやむなしと考えてしまうのでしょう。

また、単純に10年以上乗ったからとか、10万キロを超えたからなどという理由で自己判断して、廃車にしてしまう方も少なくありません。

日本という国は経済的に恵まれていることもあり、どんなものでも使い捨てにする文化があります。

車の場合も例外ではなく、長年乗り続けたり走行距離が増えることによって、車としての価値がないと決めつけてしまいがちです。

しかし、あなたのそういった勝手な判断と、車の買取り業者の判断はまったく異なります。

実は、まったく動かなくなってしまった車であっても、高額で売れることがあるのです。

車そのものは動かなくなってしまっても、パーツとしての需要があったり、人件費の安い東南アジアなどに輸出をして、そこで修理をして走らせるということも可能なようです。

事故車専門の買取り店があるくらいなので、ある意味とてもおいしい市場なのだと思います。

また、年式が10年以上前のものであったり、走行距離が10万kmを超えていたりしていても、ビックリするような高額で買取りをしてくれることもあります。

先ほどの書きましたように、東南アジアや中東などの国々では日本の中古車が大人気のため、輸出という形でたくさんのニーズがあるのです。

もともと技術力が高く品質のよい日本車は、10万km程度走ったくらいでは壊れることはありません。

 海外では、20万kmや30万km走るのは常識となっています。

そういった理由から、日本国内ではあまりニーズがないと思われている10年落ちや10万kmオーバーの車であっても、高い値段で買取りをしてもらうことが可能なのです。

ですから「廃車しかない」などと自分勝手な判断をしないで、どんなに古くて走行距離が延びている車であっても、複数の買取り店に査定をしてもらうことをお勧めします。