kuruma-haisha-13-04

どんなに古くて走行距離の伸びている車でも売れる可能性あり

事故や故障などで車が動かなくなると、選択肢として廃車しかないと決めつけてしまう方が多いようです。

確かに、動かない車を家に置いておいても邪魔なだけですし、かといってそれを修理するとなるとかなりの出費を覚悟しなければなりませんので、廃車もやむなしと考えてしまうのでしょう。

また、単純に10年以上乗ったからとか、10万キロを超えたからなどという理由で自己判断して、廃車にしてしまう方も少なくありません。

日本という国は経済的に恵まれていることもあり、どんなものでも使い捨てにする文化があります。

車の場合も例外ではなく、長年乗り続けたり走行距離が増えることによって、車としての価値がないと決めつけてしまいがちです。

しかし、あなたのそういった勝手な判断と、車の買取り業者の判断はまったく異なります。

実は、まったく動かなくなってしまった車であっても、高額で売れることがあるのです。

車そのものは動かなくなってしまっても、パーツとしての需要があったり、人件費の安い東南アジアなどに輸出をして、そこで修理をして走らせるということも可能なようです。

事故車専門の買取り店があるくらいなので、ある意味とてもおいしい市場なのだと思います。

また、年式が10年以上前のものであったり、走行距離が10万kmを超えていたりしていても、ビックリするような高額で買取りをしてくれることもあります。

先ほどの書きましたように、東南アジアや中東などの国々では日本の中古車が大人気のため、輸出という形でたくさんのニーズがあるのです。

もともと技術力が高く品質のよい日本車は、10万km程度走ったくらいでは壊れることはありません。

 海外では、20万kmや30万km走るのは常識となっています。

そういった理由から、日本国内ではあまりニーズがないと思われている10年落ちや10万kmオーバーの車であっても、高い値段で買取りをしてもらうことが可能なのです。

ですから「廃車しかない」などと自分勝手な判断をしないで、どんなに古くて走行距離が延びている車であっても、複数の買取り店に査定をしてもらうことをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です