パソコンとタブレットとスマホ

個人売買やヤフオクで車を売却するときのメリットとデメリット

車の売却する方法は、ディーラーに下取りに出したり、買取専門店に持ち込む方法だけではありません。

そういったお店を経由せずに、知人などに個人売買をしたりヤフオクなどに出品したりして売却する方法もあるのです。

車をヤフオクで売るなどというとびっくりする人がいるかも知れませんが、実際に想像以上に多くの車がヤフオクに出品されています。

個人売買やオークションの一番のメリットは、車の売値を自分で価格を決められるということでしょう。

もし、自分の車が希少価値の高い車だったり、人気の車種だったりすれば、業者に売るよりも高く売れることがあります。

特に個人売買の場合は、中間マージンが発生しませんから、売り手も買い手もお互いが得をする可能性が高くなります。

「なんとしてもこの価格で売りたい!」という思いなら、ヤフオクに出品をして買い手が見つかるまで気長に待つというのも悪くないでしょう。

ヤフオクの場合は、事故車や不具合のある車であっても、それをしっかりと明記することで十分に売れる可能性があるというのも大きな特徴です。

その反面、ヤフオクのデメリットとして、需要がないとなかなか買い手がつかないという可能性もあるわけです。

ですから、どうしても今すぐ車を売りたいという場合には向かない方法といえるでしょう。

また、知人に個人売買で売るにしてもヤフオクで売るにしての、基本的には車に関しては素人どうしの取引になるわけです。

中間マージンが発生せずにお互いが得をする可能性が高いかわりに、トラブルが発生するリスクも高くなります。

よくあるトラブルとしては、車を売却したはずなのに、その車の税金の請求書がというものがあります。

買い手が名義変更をしていないと、こういったことが起こります。

業者を経由したときには、そういった名義変更などの手続きもすべて業者が代行して行ってくれますが、個人売買の場合にはすべて自分たちでやらなければならないので、そういったミスは十分に起こり得ることになります。

また、業者を経由して売却した場合にはそれなりのメンテナンスをした上で次のオーナーに手渡すのが一般的ですが、個人売買の場合にはあくまでも現状渡しとなります。

そのため、売却直後に車の調子が悪くなったりすると、トラブルに発展することもあります。

このように、車の個人売買には金銭的なメリットがある反面、さまざまなデメリットもあるということがお分かりいただけるかと思います。