kuruma-ron-13-10

ローンを支払っている途中の車を売却することは出来るのか?

なんらかの事情があって、ある日突然に自分がいま乗っている車を売却する必要が出て来るかも知れません。

たとえば、地方で働いていたサラリーマンが都会に転勤になり、車が必要なくなった場合です。

交通網が発達した都会で生活をする分には、車がなくても不自由を感じることはありませんし、むしろ高額な駐車場などの維持費が大変になります。

そんなとき、まっ先に頭に浮かぶのが車を売却してしまうということです。

しかし、もしその車にローンが残っている場合には、どうすればいいのでしょうか?

車をローンで購入すると、名義は自分ではなく販売店か信販会社になっているのが普通です。

その状態のまま売却をしてしまうと、法的には横領罪ということになってしまいます。

それではローンを支払っている途中の車を売却することは出来ないのでしょうか?

実際にはそんなことはなく、多くの買取り専門店ではローンを支払い中のクルマでも買取りをしてくれます

なぜそういったことが可能なのかといいますと、ローンの残額を買取り店が一括で返済をして、名義を変更してしまうからです。

そうすることで、車は販売店や信販会社の名義ではなくなりますので、法律に触れることなく堂々と売買ができることになります。

そうして、買取り店は車の査定額からローンの残額を支払った残りの分を、売り主に支払いをするわけです。

たとえば、車の査定額が100万円だったとして、ローンが40万円残っていたとします。

買取り店は、信販会社にローンの残額40万円を一括で支払い、残りの60万円を売り主に買取り代金として支払うわけです。

それでは、買取り価格よりもローンの残額多かった場合にはどうなるのでしょうか?

その場合には、逆に不足分を売り主が支払わなければならなくなります。

たとえば、査定額が100万円でローンの残りが120万円だとすると、差額の20万円を売り主が支払わなければならなくなります。

ですから、ローンを支払っている途中の車を売却するときには、ローンを清算したあとにプラスになるのかマイナスになるのかをしっかりと確認したうえで、どうすべきかを判断するようにしましょう。