車査定の流れ~申し込みから代金が振り込まれるまで

初めて車の査定を受ける人は、実際の流れが分からずに不安になることもあるかと思います。

査定を申し込んで売却代金が振り込まれるまでの流れは、決して複雑なものではありませんが、スムーズに車を売却をするにはしっかりと把握しておきたいものです。

査定を受けて自分が納得出来る金額が提示されたとしても、そこから実際に売却代金が振り込まれるまでには、いくつかの手続き等をスムーズに行う必要があります。

中古車と言うのは、時間がたつほどにその価値が下がっていきます

たとえ売買契約が成立したとしても、車を引き渡すまでに大幅に時間がかかってしまうと、再査定をしなくてはならないこともあります。

その結果査定額が下がってしまって、場合によっては契約を解除しなければならなくなるかも知れません。

そんなことにならないためにも、車を引き渡すまでの流れを事前に確認しておくことが大切なのですね。

最近では、車の査定を申し込むには、一括査定サービスを利用するのがトレンドとなっています。

一括査定サービスなら、1店舗ずつ店を回るのにくらべて時間をかけることもなく、1度の申込みで複数の買取業者の見積もりがもらえるので大変便利です。

一番高い査定額を出してくれる業者がすぐに分かるので、個別に店を回る方法とくらべて交渉にかかる時間が大幅に短縮できるわけです。

その後、一括査定サイトで見積もりを提示してきた業者の中から、数社に絞って出張査定を依頼する流れになります。

出張査定に来てくれた業者の中から、自分の納得できる金額を提示してくれる業者があれば、その1社と契約を進めることになります。

契約にあったっては、売却に必要な書類を準備しなければなりません。

必要書類は全てそろっていないと売却出来ないので、買取業者に何が必要なのかを事前によく確認しておくといいでしょう。

車検証や自賠責保険証は、紛失していると再発行の手続きが必要になるので、査定を受けることを決めた時点で紛失していないかどうかを確認しておくようにしましょう。

書類がそろえば、あとは契約にあったて引渡しの日を決めることになります。

引渡しは1日でも早くするのがポイントになります。

ですから、出来るだけ都合をつけるようにして、最短で引き渡せる日を調整するようにしてください。

引渡しが無事に完了すれば、後は売却代金が振り込まれることで、すべての手続きが完了ということになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です